れんちゃんのブログ

自己に酔いしれたOLの戯言

コミュ障というか、自意識過剰というか、

恋人や親友など親密な間柄の人がその友人や恋人などを紹介してくれるという行事が非常に苦手だという話をします。 親しい間柄の人との会話は楽しい。 初対面の人との会話も疲れはするが楽しめる。 だけど、親しい人と初対面の人(特に親しい人の友人にあたる…

バタフライ・エフェクトのネタバレを含んだ甘美な陶酔

‪このあいだ『バタフライ・エフェクト』をみて たしかに私と出会ったことで好きな人が不幸になってしまうなら迷わず出会わなかった未来を選択するけど、逆にもし好きな人と出会ったことで私が不幸になってしまっても絶対に過去を変えてほしくはないな。 たと…

甘え、期待、苛立ち。

「バットマンビギンズ」を観た。続けて「ダークナイト」を観た。途中で停止ボタンを押してしまった。 私はとても影響されやすいタイプの人間で、それを繊細だとか感受性が豊かだとかなんて言うのかはよくわからないけれど、とにかく、バッドマンシリーズを観…

苦しむことを苦しむ日々が

若林正恭『社会人大学 人見知り学部 卒業見込』を読んで自分の中の自意識過剰な部分が爆発し、西加奈子『舞台』を読んでそんな自分を愛しいとさえ思えるようになった。 私は自意識過剰だ。人がそれほど私のことに関心がないことなど十分承知している。わかっ…

心を閉ざすことで自分を守っている全ての人へ

「It's not your fault. It's not your fault. It's not your fault...お前は何も悪くない。お前は何も悪くないんだ」 あぁ、私は許されたいんだ。自分の殻に閉じこもってしまうことも、愛することを恐れてしまうことも、誰かに依存することでしか生きる価値…

どうやら私は生きていてもいいらしい

「私はれんのこと愛しているよ」待ちわびた言葉だった。一生耳にすることがないと思っていた言葉だった。『生きてて楽しいことなんて別にない。人生は辛い。毎日生きるの嫌だなーって思ってるし明日寿命がきても構わない。でも自殺はできないんだよ。いつか…

女子大生がハプニングバーに行ってきた話

私れんちゃん大学4年生、本日、ついにかねてから興味のあったハプニングバーデビューしました! もうなんかいろいろあって自分でも一回整理しときたいってのもありブログにまとめることにしたぞ! まず、セフレと行くことになったんだけど、向こうもハプバー…