読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れんちゃんのブログ

人生迷走大学生の戯言

心を閉ざすことで自分を守っている全ての人へ

「It's not your fault. It's not your fault. It's not your fault...
お前は何も悪くない。お前は何も悪くないんだ」

 


あぁ、私は許されたいんだ。
自分の殻に閉じこもってしまうことも、愛することを恐れてしまうことも、誰かに依存することでしか生きる価値を見出せないことも、全て。自分の醜くて大嫌いな部分を全て「あなたは何も悪くないんだよ」と許されたいんだ。そう思った。


なんでお前は普通の生き方ができないんだよ。なんでこんなに歪んだ人間に育ったんだ。なんでこんなに欠陥だらけなんだよ。
そうやって私のことを責め続ける誰でもない自分自身へ
「許してあげろよ。あいつは何も悪くないんだから」
と語られている気がした。

 

 

私は誰のことも愛さないと決めていた。
愛した人に裏切られるのが怖い。私がどれだけ愛しても、愛する人はいつか私に飽き、私よりも大事な人を見つけ、簡単に私を捨てる。
ならば誰も愛さなければいい。誰の心にも踏み込まず、誰にも自分の心に踏み込ませない。そうすれば誰からも裏切られることはないし愛されなくなることを恐れる必要もない。
寂しくなったら、適当な人と適当に遊べばいい。同性とご飯を食べて、友達がいるという安心感を得る。異性と寝て、女としての魅力があるという安心感を得る。そうやって薄っぺらい繋がりを感じながら生きていけばいい。大きな喜びはないが、その代わり大きな悲しみに暮れることもない。
誰も愛さない、それが自分を守る唯一の術だった。


だがショーンマグワイアは語りかける。愛する妻を亡くした痛みを抱えながら。

「悲しみは、忘れていた喜びの価値を思い出させる」
「そりゃ今も悲しい。だが妻との日々は1日たりとも後悔してない」
「君は完璧じゃない。君が出会った女の子も完璧ではない。問題なのは、お互いにとって完璧かどうかなのさ。それを確かめるには飛び込んでみるしかない。答えは自分で探すんだ」

 

彼は少しずつ、少しずつ、私の凝り固まった心をほぐしていく。人を愛することの素晴らしさを思い出させ、一歩踏み出す勇気を与えてくれる。


そして彼は私を抱きしめる。自分を責め続け、自分を許せない私を優しく包み込むのだ。「お前は何も悪くない」と。

 

f:id:renrenpiyo:20161230154043j:image

ASIN:B00005G1YZ